AI-OCR-Application-2_New

導入事例②: ラベル自動認識

◆ クライアント

  • 大手化学製品メーカー様

◆ 課題

  • 社内の工場では多岐にわたる化学原料を使用しているが、
    「どの製品のどのロットでは、どこのメーカーのどの原料のどのロットを使用しているか」
    までを管理する必要がある。
  • ラベルの形式や型番・ロットの記載位置が各社ごとに異なるため、自動化が難しい。

◆ 解決方法

  • AI OCRを用い、原料の包装全体から型番やロットの位置と値を認識し、工場の各生産ラインごとに管理します。
  • シワやヨレの多い紙袋でも、作業を繰り返し行なって結果をフィードバックすることで、
    認識精度を向上させることができます。