オフショア開発で日本研究機関からの開発実績No.1!完全日本語対応です。

A.N.LAB Advance & Nurture
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。03-6869-0539
オフショア開発で日本研究機関からの開発実績No.1 ソフトウェア・アプリ・各種システム開発ならA.N.LAB にお任せください!
オフショア開発でソフトウェア,アプリ,各種システム開発をするならA.N.LAB1.2
オフショア開発とは英語でいう 「offshore development」のことを指している用語です。
平たく言えば開発を海外へ委託あるいは移転するということです。
 
グローバル化による低コスト化は加速する一方です。
そこで工業製品において、まずハード面を重視して、生産拠点を多くの企業が海外へ移転しました。ファブレスといわれる企業のあり方が象徴的です。
 
加えてソフトウェア開発・コールセンター業務といったソフト面においても海外へ業務を委託したり移転することが行われるようになりました。
 
当初は中国やインドへの業務委託したソフトウェア開発については、低コスト化により注目されました。オフショア開発という用語が徐々に定着し始めます。
 
ですが、言語や習慣の違いからコミュニケーションの違いが生まれます。コストカットを単純に実現できず苦労した企業は少なくありません。中国やインドの安い労働力コストも担保されなくなりつつあり、IT業界でオフショア開発の委託先は速いスピードで移行しつつあります。
その先として注目されるのがベトナムです。
 
かつてベトナムでは漢字が使われていましたし、国民性として識字率95%以上の高さと勤勉性は日本に通じるところがあります。オフショア開発で単に安いだけでなく付加価値のある商品開発が期待できるのです。
 
ベトナムの若い世代の占める比率が高いのも追い風です。ベトナムの人口が9,200万を超え、平均返戻がおよそ27歳と若いのです。日本の平均年齢が44歳というデータと比べるとその若さが分かります。ベトナムの日本に対する国民感情も悪くなく、低コスト性だけではくくれないコミュニケーションの親和性も期待ができます。
 
A.N.LABはこうしためメリットを活かし、多くのオフショア開発の実績を積み重ねています。大手企業だけにとどまらず、行政・研究機関から受注を受けています。
ベトナムで研究開発実績No.1といえるのはA.N.LABなのです。
PAGETOP